暴落が来たらどうするか。暴落期でも当てはまる投資の大原則とは。

お金

みなさん、こんにちは。カンガルーです。突然ですがみなさん、投資はしてますか?していたとしたら暴落は怖いですか?暴落は誰しもが避けたいと思うかもしれませんが、そんなときでも慌てることなく対応しなければみなさんの大切な資産は失われていきます。それでは具体的にはどうすればいいのでしょうか。今回は暴落期であっても変わらない、投資の大原則をお伝えします。

参考にした書籍は投資家のバイブル「投資の大原則」(バートン・マルキール、チャールズ・エリス共著)です。投資本としてはバイブルと言っても過言ではありません。この記事を読み終えたらぜひご自身の手に取って読んでみてください。

それではさっそく見ていきましょう。

インデックスファンドにドルコスト平均法で積み立てる

また出ましたね。カンガルーブログではおなじみのインデックスファンドとドルコスト平均法です。

いや、インデックスファンドとドルコスト平均法ってなんやねん

って方はまず下記の記事からご覧ください。

世界最高の投資家たちに学ぶ。王道の投資手法と複利の効果について

さて、ここでみなさんに興味深いデータを話しましょう。投資家たちにとって「失われた10年」と呼ばれる2000年~2010年の間に(この期間中にはリーマンショックも起きています)S&P500にドルコスト平均法で定期定額積み立てした場合と、2000年1月に一括で投資した場合でリターンにどう影響するのかを表したデータがあるのですが、結果はどうなったのでしょう?みなさん、どちらの方がより大きなリターンを得られたのか分かりますか?早い時期にたくさん投資した方が複利の効果が得られるから後者じゃないの?と思うかもしれません。…しかし、実際は違います。

ドルコスト平均法で積み立てた方がリターンが大きかったのです。

もちろん右肩上がりの相場では一括で投資した場合の方がリターンは大きいのですが、上がり下がりを繰り返す相場ではメンタル面も考慮するとドルコスト平均法の方が良いでしょう。

分散投資とリバランス

分散投資はもうみなさん耳タコですよね。

ではリバランスとは何かというと、

「資産運用する過程で自分の決めたポートフォリオの比率が変わったら、元の比率に戻るように株や債券を売買すること」

です。たとえばあなたが株式50%、債券50%というポートフォリオを作ったとしましょう。株価の変動とともにポートフォリオが株式70%、債券30%になったら、株式を50%になるように売り、その分債権を買って比率をもとに戻すのです。これがリバランスと呼ばれる方法であなたの決めたリスク管理になるのです。

実際、「投資の大原則」の著者の一人であるバートン・マルキールが提案したポートフォリオを、分散投資とリバランスを組み合わせた投資手法で運用した場合と、米国株100%のポートフォリオでは「失われた10年」における投資成績が後者がほぼ横ばいだったのに対し、前者はほぼ2倍になっていたのです。リーマンショックがこの間にあったにもかかわらずです。

また暴落期に備えて債権も広く分散したものをポートフォリオに入れることを筆者は勧めています。もちろん債権はインフレの影響をもろに受けやすいことも述べています。

まとめ

最後に筆者は投資の4つの大原則について述べています。まとめておきましょう。それは以下の4つです。

●ドルコスト平均法で積み立てる

●分散投資する

●リバランス(定期的にポートフォリオの比率を確認し、一度決めた分散比率に戻す)

●インデックスファンドに投資する

忍耐力と継続こそが大事であり、上記の投資の4つの大原則に従って長期的目線で運用すれば成功するだろうと筆者は言っています。今回は以上で終わります。投資している以上避けては通れない暴落期。しかしその時に慌てないようにしましょう。ぜひみなさんも実践してみてください。

今回の記事は以前わたしが書いた投資の関する記事を読んでいただくと、より深く理解できると思います。まだご覧になっていない方は、ぜひご覧ください。

世界最高の投資家たちに学ぶ。王道の投資手法と複利の効果について

ノーベル経済学賞受賞に至った投資理論。現代ポートフォリオ理論とは。インデックス投資が最適解と言われる理由がわかります。

研究に裏付けされたインデックス投資の出口戦略。4%ルールとは?

ノーペイン・ノーゲイン。ユダヤ人のバイブル「タルムード」に学ぶ投資の大原則と投資家が避けるべきリスクとは。

投資の盲点。手数料が投資のパフォーマンスに与える影響とは。

初心者向け。つみたてNISAについて詳しく解説。おすすめの証券口座と投資対象の条件とは。

また、大昔から変わることのない、お金持ちになるための大原則を知りたいという方は以下の記事を見てください^_^

お金持ちが知る不滅の教え。バビロンの大富豪が授けた、富をもたらす「黄金の七つの知恵」とは。

バビロンの大富豪の教え。誰しもが知っておくべき!大富豪アルカドの息子ノマシアの危機を救った「五つの黄金法則」とは。

最後にわたしがオススメする証券口座をお伝えします^_^ SBI証券です。手数料業界最安値で優良な投資対象が多くあります。

SBI証券 ネクシィーズ・トレード

ブロトピ:今日の投資・マネー情報


投資信託ランキング

コメント

  1. gordon lapin より:

    カンガルーさん、こんにちは。

    とても丁寧に書かれているブログですね。

    「分散投資とリバランス」は大事だと理解していても、
    なかなかうまくいかない人が多いのではないでしょうか。

    またお邪魔させていただきます。

    • カンガルー カンガルー より:

      コメントありがとうございます😊
      とても励みになります🥰
      分散投資はファンド選びが大事なので、具体的なファンド名も発信した方が良さそうですね^_^
      リバランスはわたし自身まだトライする段階ではないので、経験がない以上理論的な話にとどまってしまいます💦
      実際に自分でリバランスをするのはかなり先の話になりそうです笑

タイトルとURLをコピーしました